ビタミンD
ビタミンD
  • ビタミンD
  • ビタミンD
食学・くらし 軽減税率対象商品

新商品

免疫力アップ、成長のサポートに

ビタミンD

3,888円(税込)
数量

こんな方におすすめ

 室内で過ごすことが多い

 外出時の日焼け止めは欠かさない

 免疫力を高めたい

 骨粗しょう症や骨折の予防をしたい

 子供の成長をサポートしたい


商品について

»紫外線を避ける生活をしている現代人は、ビタミンDが不足しやすい!?

日光を浴びることで生成されるビタミンDは、別名「サンシャインビタミン(太陽のビタミン)」とも呼ばれています。通常、食事から摂取するか、 紫外線を浴びることで体内で生成されますが、外出自粛の期間が長く、また外出時には日焼け止めを塗る習慣のある現代人は、欠乏しやすくなっています。 さらに、年齢とともに体内の合成力も低下していくため、要注意です。

免疫力強化などで注目をされているビタミンDを体内に十分な量を供給するためにも、日々の食事に加えてサプリメントを活用しましょう。

ビタミンDの中でも活性が高いビタミンD3を採用しています。

ビタミンDの働き

免疫機能の調整

私たちの体は、体内にウィルスなどの有害物質が侵入した際に、排除して病気にならないよう働きかけてくれる免疫機能が備わっています。ビタミンDには、この免疫機能を調整する働きがあり、インフルエンザや風邪、肺炎など、感染症から体を守る効果が期待されています。

白血球の一種であるマクロファージは、血液、脳、肝臓、肺、腸管など体全体にあり、体内に侵入した細菌やウィルスなどを食べて、 私たちを病気や感染症から守ってくれる、重要な免疫細胞のひとつです。
ビタミンDには、このマクロファージを活性化する作用があるため、体内に細菌やウィルスなどの異物が侵入してしまっても、 病気や感染症にかかりにくくなるのです。

また、皮膚のバリア機能を高める働きがあり、外部から異物が侵入するのを防ぎ、皮膚や腸を守る働きがあります。腸には免疫細胞の約6割が存在しているので、腸を守ることで、免疫力が高まります。

ガンの予防

ビタミンDが体内に豊富にあることで、全身の細胞がビタミンDの活性化に働きかけながら、正常な細胞の分化や異常細胞の細胞死などを誘導しています。
そのため、欠乏していると適切に細胞の分化誘導が行われず、ガン細胞が増える可能性が高まります。
ビタミンDは魚類や干ししいたけ、キクラゲなどのキノコ類に豊富。また、日光を浴びることで体内で生成することができます。
そのため、日照時間の長い地域に比べて日照時間の短い地域の方が、ガンの発症リスクが高まっていることがわかっています。
一方で、おうち時間が増え、女性は特にシミやしわの予防として日焼け止めを使用するため、日光を浴びる時間が減少しており、近年、ビタミンD欠乏の方が増加しています。

骨の形成と成長を促進

ビタミンDは骨の形成に欠かせない栄養素で、骨の材料となるカルシウムの吸収を助けます。
ビタミンDが骨へのカルシウムの沈着を調整し、効率的に骨を形成してくれます。


摂り方

大人、子供:1 日 1 粒が目安

水などでお摂りください。


商品仕様

  • 内容量:100 粒
  • 原材料:セルロース、ステアリン酸Ca、ビタミンD3
  • 栄養成分表示(1 粒当たり)
  •  エネルギー:0.2 kcal

     タンパク質:0.025 g

     脂質:0 g

     炭水化物:0.025 g

     食塩相当量:0.0003 mg

     ビタミンD:25.0 μg

続きを見る
TOP

このサイトでは、サイトの一部サービスやサイト・広告改善の為、Cookieを使用致します。
このバナーを閉じるか、閲覧を継続されることでCookieの使用に同意するものと致します。
Cookieの使用に関する詳細は「プライバシーポリシー」をご覧ください。