スマートフォンサイトはこちらへ

幼児・小中学生教材
ショッピングカート

現在のご注文点数

現在の注文金額

10,000円以上で送料無料
メンバーズクラブ夢そだて友の会 七田式教育で子育てを実践するママ&パパたちのためのサポートクラブ。 お買い物もお得に!
パンフレット・カタログのご請求はこちらから
七田式公式メールマガジン

1日7分ちょっとの継続で、子供の口からスラスラ英語が飛び出す!

7+BILINGUAL

7+BILINGUAL
おすすめ
  • 7+BILINGUAL
  • No. 282-300
  • 対象年齢:3歳~小学校高学年
  • 通常価格:27,593円(税込 29,800円)
  • 基本ポイント:275pt
  • 夢そだて会員ポイント:1,375pt

大人向け英語教材「7+ENGLISH」から待望の幼児向けシリーズが誕生!1日7分ちょっとの取り組みを35日間行うだけで、子供の口からスラスラと英語が飛び出してきます。

お子様の英語学習につながる入り口としてオススメ!400%学習法&イメージ&七田式高速視・聴・読が盛り込まれた「7+BILINGUAL」なら、35日間で自然と英語を話し始めることも夢ではありません。

英語を自然に、楽しく、効果的に学ぶ。

あなたのお子様に求められている英語力は、年々レベルアップしています。

英語教育の重要性は、幾度となく説かれてきましたが、今、日本の英語教育は、将来的に「英語で討論・交渉できること」を目的とした、実践的な内容へと大きく変化しようとしています。従来のペーパーテストのためだけのレベルでは、不十分なのです。

でも、何から始めれば良いのか…。そもそも、日本語もまだ完全ではない子供に、英語を教え始めるタイミングが分からない…。お子様が英語を学習する時間はたっぷりあると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は母親が悩まれているうちに、お子様が「英語を簡単に習得できる」大切な時間がどんどん無くなっていくのです。

英語を自然に、楽しく、効果的に学ぶ。

テキスト(教本)・CDを試し読み・試聴してみる。

英語を学習するなら幼少期がベスト!「聞き取り」の重要性

日本人が英語をマスターできないのは、耳自体が英語に対し閉ざされているからです。日本語の周波数は、125~1,500ヘルツなのに対し、英語の周波数は、2,000~12,000ヘルツなので、日本語の環境に慣れてしまった日本人に、高周波の英語は聞き取りにくいのです。

ところが、生まれたばかりの赤ちゃんは、20~20,000ヘルツまでの音を聞き取る敏感な聴覚機能を持っています。

しかし、成長するにつれて、耳が日本語の環境に慣れてしまい、語学習得がだんだん難しくなってしまいます。英語を学ぶのは、早ければ早いほど良く、幼少期のうちがベストです。難なく聞き取りのできる間に取り組むことが、英語をマスターするのにたいへん重要なことなのです。

英語を学習するなら幼少期がベスト!「聞き取り」の重要性

400%学習法、イメージ、七田式高速視・聴・読で、ラクラク記憶!

そもそも、私たちがなかなか記憶ができない理由は、「左脳」で記憶しているからです。人間は通常、左脳を使って何かを考えたり記憶したりしますが、実は左脳は、「覚えられる量に限界がある」「覚えたと思ってもすぐに忘れてしまう」という脳なのです。

しかし、逆に、右脳を使えば、すぐに、完全に覚えることが可能です。

実は、幼少期のうちは右脳優位の状態にあります。人間は、6歳を過ぎると、左脳優位の状態になる傾向があります。感性脳・イメージ脳であり、天才的働きを持つ右脳を使えば、驚くほど楽に英語学習ができるのです。私たちが当たり前のように日本語を習得できたのも、右脳優位の状態である幼少期に学習したからなのです。

これを踏まえたうえで、「400%学習」「イメージ」「七田式高速視・聴・読」へとつながります。

400%学習法、イメージ、七田式高速視・聴・読で、ラクラク記憶!

(1)繰り返すことで長期記憶につなげる「400%学習法」

人間の脳は時間が経つにつれて忘れてしまいます。これは、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが発表した、人間の忘れる傾向を表した「ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線」にも見て取れます。

そこで、「7+BILINGUAL」では、1つのパターンを4日間繰り返し取り組みます。脳は、学習したことを何度も繰り返すことで、確実にその情報を定着させ、すぐに忘れてしまう短期記憶ではなく、いつまでも忘れない長期記憶につなげることができます。

(2)耳からだけではなく、目からも、イメージで覚える「イメージ記憶」

単語やフレーズを耳から入力すると共に、イラストを使って目からも情報(イメージ)を入力することで、その単語の意味を画像(イメージ)で覚えることができます。また、単語を使ったフレーズを覚えることで、その意味や使い方が具体的にイメージできます。

(2)耳からだけではなく、目からも、イメージで覚える「イメージ記憶」

(3)1日20回、できるだけ速いスピードで声に出す「七田式高速視・聴・読」

「七田式高速視・聴・読」は、七田式の創始者である七田眞が開発したものです。

七田眞は、高校2年生の時、英語力の遅れに焦りを感じ、1日に70単語を覚えることをルールとし、それを1日20回くらい、できるだけ速いスピードで声に出して繰り返しました。その時、単語を一つひとつ覚えようとせず、速いスピードでただひたすら音読します。そして夜に再度内容をチェックすると、すべて覚えられているのです。

次の日からは、前の日の単語も1回ずつ音読し、最大で3日前のものまで、計4日分を繰り返すようにしました。これにより、七田眞は、中学~大学入試レベルの大量の単語を、夏休みの3ヶ月間で身につけてしまったのです。これが図らずも「七田式高速視・聴・読」の始まりになりました。

その後も、七田眞は英語勉強法の研究に努め、現在の「七田式高速視・聴・読」を完成させます。そして、この「7+BILINGUAL」も、その後改良を重ねた「七田式高速視・聴・読」を元に作られています。

1日の取り組みは、次の3ステップ!

Step1.日本語で聞いてみよう!

始めは日本語会話を聞きます。ストーリーの流れをつかめたらStep2へ。

Step2.英語で聞いて、リピートしよう!

次に等倍速と3倍速の会話を英語で聞きましょう。3倍速のストーリーはとても早いですが、これが右脳を活性化させ、バイリンガル・スイッチがONになります。その後に等倍速が流れると…会話がゆっくり感じられたら右脳がはたらいた証拠です。音読ポーズの部分で声に出してリピート発音してみましょう。

Step3.たくさん音読しよう!

等倍速の会話が流れるので、音読ポーズの部分で、聞こえてきた英語に続いてリピート発音してみましょう。

忘れない英語が身につく秘密はコレ!

忘れない英語が身につく秘密はコレ!

DAY2以降からは、七田式400%学習が始まります。

DAY2のStep3には、過去の音読パートが併せて収録されているので、一度学習したことを自然に復習することができます。

教材の内容

■英文テキスト集(B5・モノクロ・73P)/■イラスト集(B5・カラー・36P)/■使い方マニュアル(B5・カラー・27P)/■CD(14枚)/■【特典】ENGLISH CD(1枚)+ぬりえ(38P)

カートに入れる

おすすめ・関連商品


page top