スマートフォンサイトはこちらへ

食育・くらし・健康
ショッピングカート

現在のご注文点数

現在の注文金額

10,000円以上で送料無料
メンバーズクラブくらし友の会 子供の食育のご相談をお受けするために生まれた、メンバーズクラブです。
パンフレット・カタログのご請求はこちらから
七田式公式メールマガジン

赤ちゃんから摂ることができる、家族のみんなの常備酵素!

バイオ酵素

バイオ酵素
おすすめ
  • バイオ酵素
  • No. 303-504
  • 通常価格:10,000円(税込 10,800円)
  • 基本ポイント:100pt
  • くらし会員ポイント:500pt
  • 在庫状況:在庫に余裕があります

代謝と免疫をアップする酵素がたっぷり酵素は消化・吸収・排泄など、あらゆる代謝に必要で、それらがスムーズに行われることで免疫力を高めてくれます。免疫力を高めてインフルエンザや風邪から体を守りましょう!

こんな方に

□風邪を引きやすい
□風邪の引き始め
□よく体調が悪くなる
□アレルギー体質
□元気で過ごしたい
□赤ちゃんやお子さまの健康に
□免疫力をアップしたい

風邪予防になぜ酵素が良いの?

風邪を引きやすい人と引きにくい人の差は免疫力にあります。
自己免疫力が低く風邪を引きやすい人は、免疫力を高めることが大切です。


免疫力を高めるカギは、酵素にあります。
“酵素なくして生命なし”といわれるほど、酵素は、健康を保つためにとても重要な栄養素です。
さらに、食べ物の消化・吸収、細胞の修復など体のいたるところで必要なため、不足気味になりがちに。
十分な酵素供給がなされずにいると、生命活動が鈍くなり、免疫力の低下を招いて、風邪を引きやすくなってしまいます。


人は、もともと体内に酵素を持っていますが、体内で生成される体内酵素は一生涯で決まっているので、消費されやすい酵素は、生きた食べ物から補う必要があります。

バイオ酵素とは

酵素は果物や発酵食品に多く含まれていますが、もっとも優れているのがパパイヤです。
パパイヤは、食物分解酵素をもっとも豊富に含む植物といわれ、「三大栄養素」であるタンパク質、脂質、糖質のすべてを分解する酵素を含んでいます。
タンパク質は種類を問わず分解します。
そのため「メディカルフルーツ」「デトックスフルーツ」なども呼ばれています。

しかし、果物として食べる、熟した黄色いパパイヤには、その要となるパパイン酵素(システインプロアテーゼ)はほとんど含まれていません。
パパイン酵素は青パパイヤや、パパイヤの葉に多量に含まれています。青いパパイヤから抽出した「バイオ酵素」には、パパインがたっぷり含まれています。

また、「バイオ酵素」は自然な甘味なので、赤ちゃんもなめて摂ることができます。


【パパイン以外の有効な酵素】
●カタラーゼ…病気や老化の原因となる活性酸素を消去し、アルコールの分解を促す体内酵素の生産に限界があるため、食べ物から酵素を補う必要があります。
●アミラーゼ…デンプンを分解
●リパーゼ…脂肪を分解
●プロテアーゼ…タンパク質を分解する酵素
●トレハラーゼ…インターフェロンの働きを高め、免疫力を高める


【「バイオ酵素」の働き】
●鎮痛作用・・・痛みのもと、ヒスタミンを素早く分解。
●整腸作用・・・ビフィズス菌を増す。
●消炎作用・・・炎症の改善に効果的。

魔法の木の実パパイヤ

パパイヤはアメリカの熱帯地方が原産で、メキシコのユカタン半島に残るマヤの古代ピラミッドの周りには、パパイヤが群生しています。
そして、マヤの人々はパパイヤを薬的に活用していたのではないかとされています。
また沖縄では昔から、乳の出をよくするため産後に母親が青パパイヤを摂る習慣があります。
世界中に広めたのは、16世紀に大陸にやってきたスペイン人。長旅で弱っていた隊員たちが、先住民が差し出したパパイヤを食べるとたちまち元気になったのに驚き、「魔法の木の実」としてヨーロッパに持ち帰りました。
その後、スペイン領のマジョルカ島に植えられ、宣教師によって世界中に広められました。

おすすめの理由

1.消化・吸収をよくする
豊富な酵素が、タンパク質・脂質・糖質の分解消化を助けます。

2.免疫力・回復力を高める
  一生のうちに体内で作られる酵素の量は決まっており、消化すべき食べ物が多かったり、体の修復すべき部分が多いと、酵素はどんどん使われて、酵素不足になります。
その結果、細胞の働きが悪くなり、身体全体の不調、免疫力の低下、あるいは具体的な病気となって現れてきます。
「バイオ酵素」で酵素を補うことで、免疫力を高め、回復を手助けします。

3.便秘・下痢の予防、改善
ビフィズス菌を増やす働きがあり、腸内環境をよくします。

4.痛みを和らげる
痛みの元であるヒスタミンを素早く分解し、痛みを和らげる働きがあります。

5.有害物質の排泄を促す
有害物質が溜まりやすい脂肪の分解を促進し、代謝を良よくすることで、その排泄を促します。

6.ダイエット・肥満解消に役立つ
リパーゼ(脂肪分解酵素)が、体内脂肪や内臓脂肪を分解しやすくし、肥満解消やダイエットに役立ちます。

7.アレルギー体質の改善
アレルギーの原因となる、老化した細胞など、体内で不要になったタンパク質を分解してアミノ酸に変換し、再利用を促します。

8.赤ちゃん・幼児も摂りやすい
通常、赤ちゃんや小さなお子さまは、サプリメントを摂りにくいのですが、「バイオ酵素」は顆粒状で、ほんのり甘みがあるため、赤ちゃんもなめて摂ることができます。
子供は大人の半量、乳児は1/3が目安です。

しちだのパパイヤ酵素はここが違う!

【青パパイヤを自然の製法で精製】
バイオ酵素の主原料は「黄金の果実」と呼ばれるパパイヤを独自の製法により発酵、熟成させたものです。
科学的製法は一切行わず、自然の原料、自然の製法だけを徹底的に追求した、体にも環境にもやさしい発酵食品です。
生命力の強い未成熟な青パパイヤは、「酵素のカタマリ」と呼ばれ、完熟パパイヤよりも10倍もの酵素が含まれており、現代人の酵素不足の解消に最適です。

《保存料・香料・着色料一切不使用で安心!》
酵素の宝庫、青パパイヤが主原料
●合成保存料、合成着色料、合成香料を一切不使用
●タンパク質、脂肪、糖質の三大消化酵素を含む
●個別包装で携帯に便利
●顆粒タイプで赤ちゃんや幼児も摂りやすい

Q&A

Q.春先のムズムズにも有効ですか?
A.パパイヤに含まれる酵素が、体内酵素の働きをサポートし、免疫力を高めて風邪やアレルギーなどから体を守ります。
また、バイオ酵素が持つ消炎作用で、花のムズムズや目のかゆみなどの症状も緩和させてくれます。

Q.症状が気になるときは、多めに摂ってもいいですか?
A.はい、大丈夫です。症状が気になるときは、いつもよりも多めに摂ることをおすすめします。

Q.妊娠中に摂ってもよいですか?
A.パパイヤに糖類を加えている食品であるため、安心してお摂りいただけます。
授乳期に摂ると、母乳の出を促してくれます。

ご愛用者の声

胃薬を飲まなくてもよくなりました

消化吸収の悪い私は、寝起きはいつも胃がもたれるのですが、「バイオ酵素」を寝る前に飲むと、消化を助けてくれているのか、胃もたれが楽に。
胃薬に頼らずにいられるのが嬉しいです。
【岐阜県 M.M.さん】

召し上がり方

1日1~2包を目安にお召し上がりください
お好みに応じて1日3~5包程度お召し上がりいただけます。

●身体の修復を促すには…
空腹時の就寝前に、1~2包を、よくかんで、唾液と混ぜ合わせて食べます。
食後に摂る場合は、2時間くらい経ってから摂りましょう。

●消化を促すには…
食後の摂取がおすすめです。
※子供は大人の半量、乳児は1/3が目安。

外用も効果的
やけど、切り傷、水虫、アトピー性皮膚炎などに。100~1,000倍に薄めて、患部に、1日数回塗ります。

内容量

90g(3g×30包)
顆粒

原材料

カリカパパイヤ、糖類(ブドウ糖、環状オリゴ糖、酵素ブドウ糖)

※天然原料に付き色、味に多少の変化を生じることがございますが品質に問題はございません。

栄養成分

1包(3g)中
エネルギー 11.6kcal
タンパク質 0.018g
脂質 0.012g
炭水化物 2.87g
ナトリウム 0.24mg
カリウム 6.72mg
カルシウム 0.76mg
マグネシウム 0.65mg
アミノ酸群 10.92mg
 アルギニン (0.15mg)
 ●リジン (0.24mg)
 ●ヒスチジン (0.24mg)
 ●フェニルアラニン (0.09mg)
 チロシン (0.12mg)
 ●ロイシン (0.15mg)
 ●イソロイシン (0.12mg)
 ●メチオニン (0.03mg)
 ●バリン (0.18mg)
 アラニン (0.57mg)
 グリシン (0.51mg)
 プロリン (0.24mg)
 グルタミン酸 (0.93mg)
 セリン (0.36mg)
 ●スレオニン (0.27mg)
 アスパラギン酸 (6.66mg)
 ●トリプトファン (0.06mg)
 ●=必須アミノ酸(アミノ酸群中1.38mg)

カートに入れる

おすすめ・関連商品


COPYRIGHT SHICHIDA GROUP 2014 ALLRIGTHS RESERVED.
page top