カートを見る
会員登録
ログイン
カタログから注文
マイページ
ご利用ガイド
お問い合わせ
close
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発

血管をキレイにし、 脳の神経伝達もスムーズに!

レシチン・ノンフレーバー

レシチン・ノンフレーバー
おすすめ ポイント対象外 軽減税率
  • レシチン・ノンフレーバー
  • No. 303-022
  • 通常価格:5,200円(税込 5,616円)
  • 在庫状況:在庫に余裕があります
  • 【時間外につきましては、留守番電話にメッセージを残してください。】

製造方法の変更により、これまでの味と若干異なります。商品の品質に違いはございませんので、ご了承くださいませ。(2017.01.10時点)
脳に必要不可欠な「レシチン」!脳に十分なレシチンがあると、記憶力や集中力を高め、アルツハイマー型認知症の予防に役立ちます。レシチンには乳化作用もあり、血管壁に付着したコレステロールを溶かして動脈硬化を防ぐ働きがあります。

レシチン・ノンフレーバーは定期発送がおトク
レシチンとは
レシチンとは


60兆個の細胞、全てにレシチンが含まれています。

レシチンはリン脂質の一つで、常に新しいものに生まれ変わる人間の細胞(脳細胞や神経細胞)、骨髄、肝臓、心臓などに多く含まれています。
レシチンが不足すると、新しい細胞が上手く作れなかったり、栄養や酸素が充分に取り込めない、不要な物質や老廃物がうまく排泄されないといった原因になります。十分にあることで、ビタミンなど生命維持に欠かせない物質を取り込み、一方で、コレステロール、薬物などを排泄して、細胞の内外を活性化させます。
そのため、「生命の基礎物質」と呼ばれています。

また、レシチンは脳細胞に多く存在し、神経伝達物質アセチルコリンの材料となります。
十分にあることで、脳の働きがスムーズになるため、「脳の食べ物」といわれています。
脳も体もイキイキさせるために、非常に重要な栄養素なのです。
大豆などに含まれていますが、現代の食生活ではたいへん摂りにくくなっています。
卵黄にも含まれていますが、卵黄からの大量の摂取はコレステロールを高める心配があります。

「勉強しなさい!」と言うよりレシチン
「勉強しなさい!」と言うよりレシチン

お子さまのこんなお悩みありませんか?
□子供が集中力を保てない
□教材の取り組みを、さらに良いものにしたい
□勉強しているのに身についていない気がする
□子供に「勉強しなさい」とばかり言っている


レシチンは記憶、学習、思考力を高める働きがあるアセチルコリンを作ります。
アセチルコリンがスムーズに作られると、記憶力は大変良くなります。
逆に、脳内のレシチンが不足すると、脳の神経細胞が栄養不良となり、集中力が途切れたり、記憶力が低下したりします。
そのような現象は、レシチンを十分に摂ることにより改善する傾向が見られます。

とくに、脳が形成される幼児期には、十分なレシチンが必要になります。
この時期にレシチンが不足すると、頭脳の働きが低下してきます。
ですから、頭をよくするのは、勉強だけをすればよいというわけではなく、きちんとした栄養を摂ることも大切なのです。

レシチンの驚きの効果

1.記憶力・集中力・認知症
脳は、脂質が約60%、タンパク質が約30%といわれていますが、レシチンは、脂質の中の50%、つまり脳全体の30%を占めています。
脳に多く存在し、情報伝達物質であるアセチルコリンの材料にもなっているため、「脳の食べ物」ともいわれています。
レシチンを十分に摂ることで、記憶力や集中力が高まるサポートをしてくれます。
とくに子供のような成長期には、脳を大きくしていくために大量のレシチンが必要といわれています。
また、老人性認知症を改善する働きも認められています。

2.コレステロール値・動脈硬化
レシチンは乳化作用(水と油を混じり合わせる作用)に優れ、細胞が円滑に働くよう老廃物を排泄して栄養を取り込む働きがあります。
血管内の老廃物や有害物質を掃除して、体内のあらゆる機能へ栄養物の運搬や酸素の補給等、欠陥循環の機能を促進し、また善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させる働きもあり、動脈硬化を予防改善してくれます。

3.脂肪肝
レシチンは肝臓に溜まったコレステロールなどの脂肪を分解し、再合成をする働きがあり、脂肪肝を予防してくれます。

4.糖尿病
レシチンはインシュリンの分泌を正常化させ、糖尿病を予防してくれます。

5.妊娠中
胎児の脳細胞の70%は母親の胎内で作られ、生まれてから満3歳前後で残りの30%ができあがるといわれています。
そのため、妊娠中の母親や、生まれた子供が十分なレシチンを摂っていれば、脳細胞も充実してきます。
もし、粗悪な脂質を多くとると、それが未完成な胎児や幼児の脳内に入り、脳細胞が粗悪な材料によってできてしまいます。
しかし、良質なレシチンを十分に摂っていれば、リン脂質の代謝作用によって不要な有害物質は排泄されることになります。
羊水をキレイにし、酸素供給をスムーズにするので、妊娠中から積極的に摂っていただきたい栄養素です。
また、産後も十分なレシチンの補給をする必要があります。
不足することで、例えば母乳が出なくなったり、子宮の収縮や母体の回復が遅れて、髪の毛が抜けたり、便秘になったり、シミができたり、産後のストレスからくる神経障害を起こし、ノイローゼやヒステリー気味になることがあります。

6.肥満
レシチンには、脂肪の代謝を促進する物質を生成する働きがあります。
レシチンを摂ることで、脂肪が燃焼しやすくなり、肥満の予防改善に役立ちます。
中性脂肪を分解する働きもあるので、かくれ肥満の方にもおすすめです。また、ビタミンA・Eなど、脂溶性の栄養素の吸収を助けて、吸収率をアップしてくれるので、栄養のバランスが良くなり、代謝も良くしてくれます。

しちだのレシチンはここが違う!

非常に高い純度が自慢です!

他社の商品純度を比較してみても、J社顆粒タイプ95%、D社タブレットタイプ65%と一目瞭然です。
また、せっかくいい成分を摂取しても、同時に悪影響のある添加物をとってしまっては、意味がありません。
合成保存料、合成着色料、人口甘味料などを使用していないからこそ、妊娠中のお母さまや小さなお子さまにも安心して摂取していただけます!!
レシチンのサプリメントには、顆粒タイプ、カプセルタイプ、タブレットタイプなどが販売されていますが、顆粒タイプは抽出したレシチンをほぼそのまま使用できるため、高純度で、吸収率も高くなります。
カプセルタイプは、顆粒タイプにはやや劣りますが、飲みやすく、持ち運びに便利です。
市販品で目にするタブレットタイプは、含有量が少ないことに加えて、吸収率も悪いことから、顆粒レシチンの約3倍を摂取する必要があります。

《甘みを抑えた高純度のレシチン(リン脂質)》
合成甘味料、合成着色料、人口甘味料を一切不使用
遺伝子組み換え大豆不使用
国連世界保健機構(WHO)専門小委員会において安全宣言がなされている
顆粒タイプ(必要量を簡単に摂れ、吸収が良い)
レシチン(フォスファチジルコリン)の含有量が33.2%と大変高含有

アメリカの契約農家で栽培された有機大豆を使用し、特別な製法で大豆の実と皮の間から抽出した「リン脂質」といわれる油が原材料となっています。
「リン脂質」は脂質であるため、温度管理や保存により酸化しやすく、品質管理を徹底するために、小ロットで都度アメリカから輸入し、いつも新鮮なレシチンをお届けしています。

レシチンとビタミンの相性はバツグン!

レシチン+ビタミンE
ビタミンEと特に相性が良く、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、Eの吸収を高めます。
また、レシチンは、ビタミンEを体内で区立的に浸透させる作用があり、ビタミンEには抗酸化作用があるので、レシチンの酸化を防ぎます。
「ビタミンE」はこちらから


レシチン+ビタミンC
ビタミンEは、レシチンの酸化を防ぎますが、一方でビタミンE自体の酸化を防ぎ、元の状態に戻すのがビタミンCです。
レシチンの脂質を壊さず、効率良く摂取するためには、ビタミンCは欠かせない栄養素です。
「ビタミンC1000」はこちらから

体験談

レシチンは、「早く、長く」摂取することがおすすめ

私は3人姉妹なのですが、妹の数字や言葉など何でもスイスイ覚えてしまう記憶力は長女の私から見ても本当に素晴らしく、今でも、曖昧な記憶は妹に聞けば確実だという絶対的な信頼があります。
この記憶力の差はなんだろう…と考え出した理由の一つに、レシチンの摂取量があります。なぜなら、三姉妹の中で、一番幼い時期に摂取し始めたのも妹で、ほぼ毎日かかさずにきっちりと摂取していたのも妹だからです。
私の家では、昔から、レシチンを夕食の後食べるのが習慣で、家には常にレシチンがあり、約20年以上家族で摂っていますが、三姉妹で記憶力や学力を比較しても、レシチンの摂取量と比例するため、レシチンは記憶力や学力に影響しているのではないかと感じています。
レシチンは、「早く、長く」摂取することがおすすめです!
(大阪府 A.K.さん)

お客さまのお声

集中力、記憶力のアップを実感
■評価:★★★★★
■使用期間:1年未満
子供の集中力や記憶力を高めたいと思い、当時3歳、1歳の子供に与え始めました。
ヨーグルトに混ぜれば、特に何の訴えもなく、モリモリ食べています。
上の息子はチョロチョロしていて、ちょっと集中力があるのか不安でしたが、4歳になり、30分くらい自分で机に座ってワークをしたり、絵本を読んだり、落ち着いている姿が見られるようになりました。
日本語や英単語もすごく良く覚えているなという実感があります。
(新潟県 Y.A.さん)


最強のサプリメントです
■評価:★★★★★
■使用期間:1年以上
記憶力が良いことにこしたことはないと思いまして、幼少の頃から子供に摂らせています。
最初は「レシチン・ノンフレーバー」の方でしたが、中高生の頃から、本人の希望で「レシチン・カプセル」を毎日摂っています。
最近は、記憶力の減退を感じ、主人も摂り始めました。
我が家では、きらすことのできない最強のサプリメントの一つになっています。
(奈良県 S.I.さん)


一度もぐずったことがありません
■評価:★★★★★
■使用期間:1年以上
現在4歳6か月の娘が0歳8か月の頃から、ずっと毎食食べさせています。
幼児期の脳の形成に必要不可欠な栄養であることを「くらしの情報」から学び、これは実践せねば!と思い、始めました。
娘は今日まで一度も「ぐずる」ということをしたことがありません。
何でも話をすれば理解し、また、必要なときは話し合いで解決することができます。
レシチンのおかげで、脳の発達が良いからだと思っています。
(愛知県 A.K.さん)


しちだのレシチンは安心して摂れます
■評価:★★★★★
■使用期間:1年以上
年齢と共に低下してしまうであろう記憶力を維持したい目的で飲んでいます。
レシチンに関する商品は、いろいろなお店やネットでも見ますが、飲んで安心安全なレシチンはしちだの商品だけだと思います。 (奈良県 S.I.さん)


百人一首や詩を覚える宿題がとても楽に!
■評価:★★★★★
■使用期間:1年未満
中学生の娘が、小学4年生の時、「レシチン・ノンフレーバーの会」で1年ほど使用していました。
引越しが続き、継続できず、4年の月日がたってしまいました。
そんな時、「三種の神器セット」のチラシを見ていたら、娘に「レシチン入りのお味噌汁が飲みたい!」と言われ、久しぶりに注文してみました。
娘が言うには、レシチンを摂っていた4年生の頃、百人一首や詩を覚える宿題がとても楽だったそうです。
確かに記憶ものが得意でした。最近、記憶もの(英単語、歴史など)が苦手になってきたので、試してみようと思います。
(東京都 E.Y.さん)


将来の健康のために
■評価:★★★★
■使用期間:1か月未満
認知症のある義父の介護をきっかけに、自分自身も何か脳に良いものを…とレシチンを摂取し始めました。
やや満足というのは、そのまま食べるにはやはり味が気になって、噛まずに飲み込むのがやっとです。
でも将来の健康のために摂り続けたいです。
(奈良県 M.I.さん)


子供が、自分から喜んで食べてくれます
■評価:★★★★★
■使用期間:1か月未満
2度目の購入です。
前回もそうでしたが、子供たちが喜んでそのまま口に入れてくれるので、とても助かります。
何でもそうですが、嫌々だと長続きしないので、自分から食べたがるので嬉しいです。
効果ははっきりと「これ!」という実感はまだないのですが、「これを食べると頭が良くなるよ!」「パワーアップするよ!」と言って食べさせると、本人がその気になって頑張ります。
(東京県 Y.K.さん)


お客さまのお声②

記憶力の高さにびっくり! 一度聞いたことは覚えています
4歳の息子がレシチンを摂り始めて2年が経ちます。
記憶力には驚かされるばかりで、一度聞いたことはしっかりと覚え、英語に活かされています。
(岡山県 K.W.さん)


妊娠中から継続。集中力・記憶力抜群です!
胎教コースとに通っていた頃からレシチンを摂り始め、今は3歳になる娘に毎日摂らせています。
教材とあわせて取り組んだ結果、おかげ様で集中力、記憶力は抜群です。
(奈良県 T.M.さん)


娘のパニックが改善!
これを摂るようになってから、娘はパニックをおこさなくなりました。本当ですよ。感謝しています。
(千葉県 K.S.さん)


産前産後も順調です!
妊娠中、レシチンを豆乳に混ぜて、ずっと飲んでいました。元気いっぱいの赤ちゃんを予定日ぴったりに産むことができました。
今は、授乳中ですが、おっぱいがたくさん出て、嬉しいです。ウーウーと声を出しながら、ごきげんに飲んでいます。
(新潟県 S.I.さん)


レシチンを摂っていた頃のほうが、頭が良かった
以前に摂っていました。中学生の子どもに食べさせていましたが、最近になって、レシチンを食べていた頃の方が頭が良かったような気がすると言い出しました。
【福岡県 S.H.さん)


自家製マヨネーズも作れます!
レシチンは化粧品や食品の中で乳化剤として使われることも多いので、酢+油+レシチンでマヨネーズを作ります。自家製だと、ごま油、アマニ油、オリーブ油(イタリア風、中華風になる)、黒酢、りんご酢とか好きな材料で作れますし、卵を使用しないから手軽に使う分(少量)だけ作れます。
(愛知県 Y.M.さん)


コレステロールを気にする私にも、記憶力を上げたい息子にも
レシチンを息子と一緒に摂っています。はじめは、コレステロールが高い私自身のためにと思い、購入し続けていましたが、教室のお母さんから、レシチンは記憶力が上がるらしいと聞き、それから息子も一緒に摂らせています。
朝食のサラダにトッピングするのが好きで、好んで摂ってくれるので長く続けられ助かっています。レシチンを摂り始めてから、学校でも、七田の教室でもほめられるようになったと本人も喜んでいます。
(三重県 N.S.さん)

お客さまのお声③

落ち着いて行動できるように
■評価:★★★★★
■使用期間:1年以上
子供に落ち着いて色々な事に取り組んでほしいと思いレシチンを摂り始めました。
だいぶ穏やかに落ち着きのある行動ができるようになったと思います。
(山口県 K.Y.さん)


さらなる成長に期待
■評価:★★★★★
■使用期間:1年以上
以前2年程続けていたレシチンを少しお休みしていました。
今回再開しようと思ったのが、お休みしている間にも学力が落ちず、行動も落ち着いてきたので、本人の成長時期に合わせて摂ることでさらなる成長がみられると思ったからです。
(北海道 M.H.さん)


Q&A

Q.大豆アレルギーの人が摂っても大丈夫ですか?
A.レシチンは、実と皮の間の脂質(リン脂質)の部分を特別な方法で抽出して顆粒状にしたもので、アレルギーの元となる実をそのまま食べるわけではないので大丈夫ですが、極度にひどいアレルギーや気になる方は控えたほうが無難です。

Q.女性ホルモンを抑制する薬を服用中。大豆のイソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があるとのこと。レシチンを摂っていても大丈夫ですか?
A.イソフラボンは、大豆の胚芽部分に含まれる成分ですが、レシチンは大豆の胚芽と表皮の間にある脂質なのでイソフラボンは含まれていません。

Q.妊娠中にレシチンを摂っても良いですか?
A.胎児が健やかに育つには、羊水中にレシチンが十分ないといけません。レシチンは積極的に摂りましょう。胎内における脳細胞の形成にレシチンが必要なので、妊婦は普段の時以上にバランスの良い栄養補給、特にレシチンの十分な摂取をおすすめします。

召し上がり方

おとな:大さじ2~3杯
子ども(離乳食が開始された生後6か月頃よりお召し上がりいただけます)
0~7歳:大さじ1杯
8歳~:大さじ1~2杯
☆そのままモグモグと噛んでお召し上がりください。
(よく噛むことで吸収率アップ)

そのままだと味が苦手な方
食材や料理に混ぜてお召し上がりください。
★サラダにかけて
★納豆やお味噌汁等にかけて・・・大豆製品に混ぜると摂りやすいです。
★海苔と一緒にご飯にかけてふりかけ代わりに

食材や料理に混ぜられる場合、混ぜていただくものに制限はございませんが、レシチンの有効成分を最大限に活用するためには熱を加えないでお召し上がりください。(ただし、召し上がられる程度の熱さのものに加える場合には差し支えありません。)

顆粒タイプを噛んで飲み込みが難しい方
手作りの野菜ジュースに混ぜてお召し上がりください。
キャベツ、にんじん、りんごのジュースにレシチンを加えます。
にんじんのビタミンEがレシチンの酸化を防止します。
お好みでトマトを加えたり、果物を増やすのもおすすめです。

レシチンが膨張してしまうため、できるだけ早くお飲みください。

おすすめのレシピ
おすすめのレシピ

【田楽味噌おにぎり】
田楽みそとレシチンを混ぜ、おにぎりにのせるだけ!
レシチンのプチプチした食感が面白い、おにぎりです。

内容量

225g
顆粒

原材料

大豆レシチン

栄養成分

100gあたり
大豆リン脂質:97g以上
エネルギー:710kcal
タンパク質:微量
脂質:74.8g
炭水化物:8.2g
ナトリウム:7mg(食塩相当量:0.018g)

カートに入れる
電話で注文する
【時間外につきましては、留守番電話にメッセージを残してください。】

おすすめ・関連商品

  子供を健やかに育てる「食学の法則」
子供を健やかに育てる「食学の法則」
賢い頭と健康な体の基本は『食』
  ニュージーランド産アマニ油
ニュージーランド産アマニ油
脂肪酸のバランスを整え、体の不調を改善!

同じカテゴリーのリストへ



世代別に商品を選ぶ

子どもの食育
子育てママ
働きざかり
シニア
症状別はこちらから

種類から商品を選ぶ

サプリメント
スキンケア
ベビーケア
ヘアケア
自然食品
洗濯用品
水周り・掃除用品
除菌・消臭・防虫
自然療法
書籍
個性心理學Animalogie
くらしの情報ご購読
お問い合わせ
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発
しちだグループサイト
しちだ・教育研究所公式サイト
PCサイト