カートを見る
会員登録
ログイン
カタログから注文
マイページ
ご利用ガイド
お問い合わせ
close
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発

楽しく遊びながら、アルファベットを理解できる!

Alphabet Matching Puzzle

Alphabet Matching Puzzle
おすすめ しちだオリジナル
  • Alphabet Matching Puzzle
  • No. 201-501
  • 対象年齢:1歳~3歳
  • 通常価格:3,000円(税込 3,300円)
  • 基本ポイント:30pt
  • 夢そだて会員ポイント:150pt
  • 【時間外につきましては、留守番電話にメッセージを残してください。】

パズルの要領で、カードを組み合わせて“アルファベット”を理解できる、アルファベットやフォニックス(単音)習得教材です。

Alphabet Matching Puzzleは…

■26パターンのパズル(両面仕様)で、楽しくアルファベットを習得していきます。お子さまのレベルに応じて、4つの取り組みができます。

■パズルに書かれた文字をなぞらせることで、アルファベットに親しませることができます。

■パズルで楽しく、アルファベットを対応することで、フォニックス(単音)の読み方を身につけることができます。正しいフォニックスを習 得すると、ネイティブの発音に近づき、英単語もスラスラと読めるようになります。

取り組み1.大文字と音(イラスト)の対応
取り組み1.大文字と音(イラスト)の対応

大文字と音(イラスト)を対応させる遊びです(例:Aとalligatorのイラスト)。最初は2、3枚から始め、徐々に枚数を増やし、最終的には大文字と音の対応ができるようにしましょう。

【POINT】
・はじめにアルファベットを指でなぞらせてみましょう。文字書きの力が育ちます。
・「A,a,alligator」と、言葉がけをしてあげることで、アルファベットと音を対応させることができます。

取り組み2.小文字同士の対応
取り組み2.小文字同士の対応

同じ小文字同士が対応するように、ピースを合わせる遊びです。

【POINT】
・はじめにアルファベットを指でなぞらせてみましょう。文字書きの力が育ちます。
・子供が一人でできないときは、まずはおうちの人がやって見せてあげ(または、子供と一緒に)、取り組むとよいでしょう。

取り組み3.小文字と音(イラスト)の対応
取り組み3.小文字と音(イラスト)の対応

大文字の理解が進んだら、小文字と音(イラスト)を対応させましょう(例:aとalligatorのイラスト)。最初は2、3枚から始め、徐々に枚数を増やし、最終的には小文字と音の対応ができるようにしましょう。

【POINT】
・STEP1と同様に、「A,a,alligator」と、言葉がけをしましょう。アルファベットと音を対応を強化させることができます。

取り組み4.大文字・小文字の対応(アルファベットの識別)
取り組み4.大文字・小文字の対応(アルファベットの識別)

大文字を見て、それに合う小文字のピースを対応させます。はじめは2、3組から始めたり、ヒントを与えたりしながら、徐々に枚数を増やしましょう。

【POINT】
・「C-c」のように形が似ているものから始め、「Q-q」のように、あまり似ていないもの、「B-b」「D-d」のように小文字同士が似ていて紛らわしいものというように、徐々にレベルをアップしていきましょう。

※その他にも、カルタ取りやどっち遊びなど、いろいろな遊びが楽しめます。

仕様

・パズル26組(170×80mm)
・説明書

カートに入れる
電話で注文する
【時間外につきましては、留守番電話にメッセージを残してください。】


目的から教材を選ぶ

キャンペーン
七田式人気の教材
右脳の取り組み
英語・多言語
幼児の基礎概念
小中学生教材
伸ばしたい力

種類から教材を選ぶ

プリント教材
CD/DVD/学習ソフト
知育玩具
えほん
書籍
通信コース
お問い合わせ
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発
しちだグループサイト
しちだ・教育研究所公式サイト
PCサイト