• TOP
  • Pureエッセンシャルオイル No.10 ラベンダーB.P
Pureエッセンシャルオイル No.10 ラベンダーB.P
  • Pureエッセンシャルオイル No.10 ラベンダーB.P
食学・くらし しちだオリジナル
さまざまなシーンに使える、オールマイティーオイル

Pureエッセンシャルオイル No.10 ラベンダーB.P

2,090円(税込)
数量

香りの特徴、期待できる作用

さまざまなシーンに使える、オールマイティーオイル。リラックス、免疫力アップなど 150 種以上の効能!


商品について

100% ピュア & ナチュラルな高品質精油です。

原産国、純度、香り、成分内容、オーガニック療法、育成方法にこだわった AUROMA(オーロマ)のエッセンシャルオイルは、医療関係、化粧品製造メーカー、アロマスクール、プロのアロマテラピストから愛用されているエッセンシャルオイルです。

100% 本物の香りである「Pureエッセンシャルオイル」は、脳にダイレクトに働きかけます。「アロマディフューザー」にそのまま差し込んで使うことができるので、香りと効能をダイレクトに感じることができます。

香りが伝わる 3 つのルート

①鼻から脳

感情や記憶、脳活性、ホルモンや免疫系に作用する脳の部位を伝わり、全身に働きます。

②鼻から肺

香りの成分が肺へ運ばれ、粘膜から血液中へ入り、全身を巡ります。気管支を通ることで、風邪予防や咳・痰を鎮めることができます。

③皮膚から血液、リンパ

入浴やマッサージで皮膚から浸透します。毛細血管から血液に溶け込み、リンパに入って全身を巡ります。


使い方

芳香浴やマッサージに


アロマレシピ

アロマスプレー
バスボム
マッサージオイル
アロマスプレー

アロマスプレー

風邪予防、消臭、リラックスなど、自由なブレンドでオールマイティーに使える。

材料(50 mL 分)

無水エタノール:5 mL

(肌が弱い方はホホバオイル)

精製水:45 mL

精油:10 滴

(子供や敏感肌の方は 1?5 滴)

作り方

無水エタノール(またはホホバオイル)をビーカー等の容器に入れ、精油を加える。

①に精製水を入れてよく混ぜ、スプレー容器に入れる。

バスボム

バスボム

天然素材で簡単に作れて、肌が弱い方も子供も安心!

材料(1 個分)

重曹:大さじ 2 杯

天然塩:大さじ 2 杯

クエン酸:大さじ 1 杯

精油:5 滴

水:適量

きりふき、ボウル、ラップ

作り方

ボウルに重曹、天然塩、クエン酸、精油を入れて混ぜる

きりふきで水を少しずつ加えながら混ぜる(水を入れすぎると発泡してしまいます)

ラップに包んで丸くし、固まるまで半日?1 日寝かせる

マッサージオイル

マッサージオイル

無添加で肌にやさしく、マッサージしながら心も癒される

材料(50 mL)

キャリアオイル:50 mL

精油:10 滴(1% 以下)

作り方

キャリアオイルに精油を加え、よくかき混ぜる

※濃度が高すぎると、お肌を刺激するなどトラブルになる場合があります。基本濃度は 1% 以下になるように作ってください。3?6 歳のお子さまにマッサージをする場合、精油の濃度は大人の 1/3(0.3%)、6?12 歳のお子さまの場合、半分程度(0.5%)を目安にしてください。12 歳以上の場合は、大人と同様に、濃度 1% でご使用いただけます。


商品仕様

  • 内容量:10 mL

注意点

     《エッセンシャルオイルの使用にあたって》

  • 開封後は酸化がすすむため、開封直後の香りと明らかに異なる場合は、ご使用を中止してください。
  • 高温・多湿のところを避け、日光の当たらない棚や引き出しでの保管がおすすめです。冷蔵庫内は室内との温度差があり、品質変化の可能性がありますのでお控えください。
  •  《妊娠中、乳児・幼児の使用について》

  • エッセンシャルオイルの中には、月経を促進する作用やホルモンに影響するものがあり、直接肌に触れると刺激が強すぎるものもあるため、妊娠初期(3 か月目)までは芳香浴のみにしましょう。ただし、妊娠前にエッセンシャルオイルを使用していなかった方は、急な使用は、オイルの効能が影響する可能性がありますので、安定期を過ぎてからの使用を推奨いたします。
  • 妊娠中のエッセンシャルオイルの活用は注意を要しますが、妊婦さんの様子を見ながら効果的にアロマテラピーを取り入れている産婦人科もあります。医師と相談しながらの使用をおすすめします。
  • 乳児、幼児はどのエッセンシャルオイルを使用していただいても良いです。
続きを見る
TOP