認めてほめて愛して育てる
  • 認めてほめて愛して育てる
ポイント対象外 教材

七田式子育ての原点が、今ここに。

認めてほめて愛して育てる

1,320円(税込)
数量

どんな方におすすめ?

 七田式教育について詳しく知りたい

 子育ての指針が定まらなくて不安…

 子供との関係やしつけが上手ずに悩んでいる


この書籍から学べること

»子育てのキーポイント

どの子もみな、小さい子供から大きな子供まで、心の奥底で無意識に「認められたい」「ほめられたい」「愛されたい」という願望を持っています。親がこの願望を満たしてあげればよいのですが、現実はその”方法”をよく知らないケースがほとんどなのです。本書では実例を交えながら、素敵な親子の関係の築き方をご紹介。子育てのビジョン・改善にお役立てください。

»親がしなければならないもっとも大切な仕事

子供を泣かせて育てていませんか?子供が笑いを忘れていませんか?子供を叱ってばかりいませんか?子育てで親がしなければならないもっとも大切な仕事はたった1つ。”親はにこにこ、子供はのびのび”な子育ての秘密とは?

»AI時代の子育てにこそ必要なこと

スマートフォンの出現によって、子育てを取り巻く環境が、それまでと大きく変わっています。これからはAI時代といわれ、ますます環境が変わっていくでしょう。そんなAI時代だからこそ必要な「子育ての基本」をご紹介致します。


この書籍の特徴

»ロングセラーがリニューアル!

七田式教育の創始者でもある七田 眞(しちだ・まこと)が著してから四半世紀。その間、30回以上版を重ねてきましたが、平成から令和へと時代が変化したのを機に、株式会社 しちだ・教育研究所代表取締役社長七田 厚(しちだ・こう)がリニューアル!一部、実状に合わなくなった箇所に加筆・修正を加えるも、変わらない子育ての基本をわかりやすくまとめた1冊。

»実例を多数ご紹介

『お母さんからのお便り』と題し、子育ての実例をご紹介。 ”子供と接するのが楽しくなった””おねしょが治った”と嬉しいお声や”愛情が足りなかったと反省”など、本物のお声をご覧ください。


目次

序章  子育てのキーポイントとは 「愛」と「厳しさ」と「信頼」

第1章 子育てにおける「愛」とは~どのように伝えればよいのか~

第2章 「厳しさ」を必要とする子どもたち~真の「厳しさ」が心を育てる~

第3章 親子の「信頼」関係を築く~子どもの持ち味を大切にする~

第4章 親のプラス暗示が子どもを育てる

第5章 心を育てることに目を向ける

終章  子育ては夢そだて~夢を大きく持てる子がその夢を果たす~


商品の&

Q. 七田眞氏の著書は何冊か読んだことがありますが...

A. 本書は、タイトルが示すとおり、私たちがいかに生きるかという人生に役立てていただけるものです。そのためには、人として大切なこと、心のあり方、学ぶということの本当の意味など、多くのことを知っていただくとよいでしょう。七田眞が多くの著作物のなかで、残し続けた珠玉の言葉を厳選し、編集した一冊です。きっと、他書とは違った読後感となることでしょう。

Q. 現在、小学生と幼児の兄弟を育てています。子育てにも役立つでしょうか。

A. 本書は、いわゆる育児書とは一線を画した内容ですが、子供にとって、親から聞いた話や言葉は、人生において困難にぶつかったとき、道に迷ったときなどにとても助けになってくれるものです。その意味でも、親から子へ愛を伝える、生き方を伝えることなどに参考にしていただけることでしょう。


商品仕様

  • 七田厚・眞 著
  • PHP研究所
  • サイズ188×128mm
  • 216ページ
  • ※本書は1996年発刊の『認めてほめて愛して育てる』(七田眞著/PHP研究所)に加筆・修正を加えたものです。
  • 商品番号:101753

続きを見る
TOP

このサイトでは、サイトの一部サービスやサイト・広告改善の為、Cookieを使用致します。
このバナーを閉じるか、閲覧を継続されることでCookieの使用に同意するものと致します。
Cookieの使用に関する詳細は「プライバシーポリシー」をご覧ください。