• TOP
  • 楽器カード
楽器カード
  • 楽器カード
教材

似てるのに違う?いろんな世界の楽器が60種!

楽器カード

1,760円(税込)
数量

どんな方におすすめ?

 0~5歳のお子さま

 音楽に興味を持ち始めたけど、何をしたらいい?

 世界にはどんな楽器があるのかを知ってほしい

 楽器や音楽への関心を持たなくなってしまわないか不安...


身につく力

»質の高い記憶力・語彙力

カードフラッシュによる高速・大量インプットは、脳を刺激して記憶力を活性化させます。抜群の記憶力を持つ幼児期に行うことで、言葉をどんどん吸収し、豊かな語彙力を育むことが出来ます。

»楽器に関する幅広い知識

それぞれのカード裏面には、楽器の分類や歴史、特徴や奏法なども記載されているので、普段触れることのない基本情報も知ることができます。

»観察力

同じ分野の楽器でも、若干の違いで名前が変わるようなカードもあります。わずかな差を見分けて、鋭い観察力を育みます。


この教材の特徴

»60の楽器(写真)と知識が学べる

楽器(写真)・楽器の名前・楽器の分類・起源・素材などの特徴・奏法・名曲・エピソードの知識を身につけることができます。

»あらゆるジャンルの楽器を網羅

学校でおなじみの楽器から、見るのも初めてというような楽器まで、幅広いジャンルの楽器が揃っています。

»楽器が生まれた国を知る

カード裏面に起源となる国が記載されていますので、その国の文化などを感じ取ることができます。他にはどんな楽器が大切にされているのかを調べてみるのも良いかも知れません。

»工夫しながら、幅広い取り組みができる

フラッシュカードとしてはもちろん、かるた遊びやクイズ形式にして楽器を当てるなどの遊びが行えます。ぜひご家庭でも、オリジナルの遊び方を考えてみましょう。

使い方

① フラッシュカードとして使う

カードを1枚1~1.5秒くらいのスピードで、裏面の日本語を読み上げながらフラッシュすることで、楽器をインプットします。

② じっくり鑑賞

楽器や裏面の情報をじっくり観て、写真と見比べながら詳しい知識を増やしていきます。

③ 遊びの延長として活用

かるた遊びやクイズ遊びとしても使用することが出来ます。ご家庭で工夫して、楽しく遊びながら教養を育みましょう。


商品の&

Q. 楽器の種類や国も一緒に言ってフラッシュした方がいいの?

A. 最初は楽器の名前だけをインプットさせてあげるようにしましょう。繰り返し行ってお子さまが慣れてきたら、オリジナルの方法を加えていくのも良いかも知れません。


商品仕様

  • 対象年齢:0~5歳
  • 楽器カード60枚(A5判)
  • 説明書(楽器リスト付き)
  • 商品番号: 105022

続きを見る
TOP