• TOP
  • かな絵ちゃん日本語セット+DVD
かな絵ちゃん日本語セット+DVD
かな絵ちゃん日本語セット+DVD
  • かな絵ちゃん日本語セット+DVD
  • かな絵ちゃん日本語セット+DVD
教材

【お得なセット】脳が目覚める!七田式定番フラッシュカード!

かな絵ちゃん日本語セット+DVD

35,640円(税込)
数量

どんな方におすすめ?

 0~5歳のお子さま

 記憶力を育てたい

 言葉を理解したり、話せるようになってほしい

 学習能力の高い子供に育てたい


身につく力

»記憶力

絵カードを高速フラッシュすることで、低速な情報にしか反応できない左脳では処理できず、高速自動処理機能をもつ右脳で情報を処理するようになります。
脳が最も成長する幼児期に、右脳を活性化することで、脳全体をバランス良く使うことができるようになり、学習が非常に容易になります。

»語彙力

幼児期は、言葉を覚える能力が高く、言語の吸収力がとても高い時期です。
絵カードのフラッシュによって、多くの言葉をインプットし、豊かな語彙を身に付けることができます。

»発想力やイメージ力

ド右脳の働きを活性化させることで、受け取った情報を映像に変えて見たり、思い通りの映像を頭の中に描くことができるようになります。
音楽や絵を描くなどの芸術的な才能が開花し、創造性にすぐれた子供に育ちます。


フラッシュカードとは?

»「フラッシュカード」は、七田式教育の“必須教材”

七田式が始まって以来、大切にしている取り組みが「カードフラッシュ」です。
0~6歳までの人間の脳が最も成長する“黄金期”に、高速・大量のカードフラッシュによるインプットを行うことで、“右脳”を活性化し、物事を写真のように記憶できる「記憶力」や、コンピューターのような「計算力」、著名な芸術家のような「イメージ力」などの、子供が本来持つすばらしい能力を最大限引き出すことができます。

フラッシュカード取り組み

»「知識を与える取り組み」ではありません。

カードをフラッシュして見せるのは、知識を与えることが第一の目的ではありません。できるだけ高速でカードをフラッシュすることで、右脳を目覚めさせ、脳全体の力をバランス良く使うことができるようになるための取り組みです。

カードフラッシュ取り組み

»「親子の一体感」を深め、心を育てる

右脳はリラックス脳と言われています。親子で取り組む「フラッシュカード」は、能力を高めるだけでなく、「親子の一体感」を深める取り組みです。右脳を育てることは、お子さまの豊かな心を育てることにもつながります。


この教材の特徴

»動物や鳥などお子さまがよろこぶイラストが豊富!

動物・鳥・魚・果物などお子さまにとって身近な名詞が収録されています。
お子さまが実物を見たことがあるものも多くありますので、より興味を持って取り組んでもらいやすいラインアップとなっています。

»お子さまの世界が広がる!

乗り物や楽器などお子さまにとって初めて見るものが多く収録されています。
新たなものとの出会いや発見によって、お子さまの世界が大きく広がっていきます。

かな絵ちゃん_うさぎ

»「ひらがな」も同時にインプット!

絵カードの裏面には、そのものの名詞がひらがなで書かれています。
絵を見せた直後に、裏返してひらがなを見せながらもう一度読んであげることで、ものの名前と同時に「ひらがな」もインプットすることができます。

»動詞はDVD収録のアニメーションで入力!

カードのイラストではわかりにくい動作を表す言葉600語をアニメで紹介しています。
小さなお子さまにも動きのある映像で楽しく効果的にインプットすることができます。
1プログラムに46~54単語を収録してあり、1日1プログラム(約3分)を1か月見せます。1日3分の取り組みです。
短時間で飽きずに取り組め、集中力も育ちます。

»単品購入より“3,980円”もお得!

本セットは「かな絵ちゃんカードA」と「かな絵ちゃんカードB」と「かな絵ちゃんDVD」のセットです。
それぞれ単品でご購入いただくより、3,980円もお得にお求めいただけます。


使い方

右脳に働きかけることが目的の「カードフラッシュ」は、素早く行うことが大切です。
1枚1秒以下を目標にしてお子さまに見せてあげましょう。

»カードフラッシュの手順

① 1日分のカードを持ち、一番後ろのカードを前に持ってくると同時に、そのカードの単語や数を言います。

② 前に持ってきたカードから手を離し、一番後ろのカードを持ちます。

→①②を繰り返します。

ドッツカード_6

»絵カードフラッシュの進め方

同じカードを何度も見せられると、お子さまも飽きてきます。カードを入れ替えながら、フラッシュを続けましょう。
お子さまの年齢や集中力、様子を見ながら、カードの枚数を調整してください。

① 1日3回、10~20枚のカードでスタートしてみましょう。お子さまが楽しく見てくれるようなら、枚数を増やしてもOKです。

② 1週間くらいを目安に新しいカードを10枚ほど古いカードと入れ替えます。

<カードフラッシュ応用編>

フラッシュさせるだけの取り組みでは、お子さまが飽きてしまうことがあります。
取り組みをより、楽しいものにするために時々変化を加えてあげましょう。

① どっち遊び

2枚のカードを並べて「〇〇はどっち?」とお子さまに選ばせてあげましょう。正解したらたくさんほめてあげましょう。違うものを選んでも「えらいね。タッチできたね。〇〇はこっちだったね」とやさしく正しい方を教えてあげましょう。

どっち遊び

② 両面フラッシュ

かな絵ちゃん_犬(表)
かな絵ちゃん_犬(裏)

表面(ドッツ・絵)の裏に文字が書いてあります。表面を見せて読んだ後に、裏面の方を見せて再度読んであげます。
絵と単語だけでなく、文字(数字)もインプットしてあげます。
絵カードの裏面の文字が上下逆になっているのは、この両面フラッシュの取り組みを行えるようにするためです。

③ 白紙カードを使って、バリエーションを増やす

セットには、白紙のカードが10枚入っています。
白紙カードに、お子さまの好きなイラストや写真を貼って、オリジナルのカードを作っていただけます。
間にはさんでフラッシュすると、お子さまも喜んで、集中してみてくれます。

»上手にフラッシュするポイント

① 始める前に「今から絵(ドッツ)カードを見ていくよ」などと、何をするのかを伝えます。

② メリハリのある正しい口調で、単語や数を言ってあげましょう。

③ 慣れるまでは速さを気にしすぎず、情報を正確に伝えることを大切にしましょう。
(速さを気にしすぎて、イラストと単語が一致しないなどすると、誤った情報が入力されてしまいます。)

④ 指サック(無色が望ましい)や滑り止めを使って、カードをめくりやすくしましょう。


商品の&

Q. うまくフラッシュ出来るか不安です…

A. やり始めの時は、すばやくフラッシュ出来なくても問題ありません。徐々に慣れていきましょう。
上手にカードフラッシュをするコツを動画でご紹介しています。

フラッシュカードの使い方

Q. 子供がカードを見てくれません。

A. お子さまが集中して見ないと、焦りが出てしまいますよね。そんな時は、以下のポイントに注意してみましょう。

① 親御さまは楽しい気持ちでやっていますか?

→ 親御さまがイライラしていたり、焦ってやっている感情は、お子さまにも伝わっています。
まずは親御さまが楽しい気持ちで取り組むことを意識しましょう。

② お子さまの体調はいかがですか?

→ 具合が悪いときは、お子さまの集中力が下がってしまいます。無理に取り組みをせず、お休みすることも大切です。

③ お子さまの気を取られるものを近くに置いていませんか?

→ おもちゃやおやつなど、取り組み中に気を取られてしまうものが周りにあると、お子さまの集中力は下がってしまいます。

④ 見せ方に変化をつけていますか?

→ お子さまが飽きていたらお子さまの興味を引くカードを入れたり、声の調子を変えてみたりしてみましょう。

【それでも見てくれない時は...】

見なくなったら、理解をしているサインです。理解していることに喜び、新しいカードに入れ替えましょう。


お客様のお声

※写真はイメージです。

 かな絵ちゃんと他教材との組み合わせで、語彙力アップの効果倍増!

本文を見る

寝る前に10~15分取り組んでいます。やりたくなると「カードをやろう!」とニコニコして、かな絵ちゃんのある棚を指差ししながら待っています。職業、体の部位、デザートのカードが好きで、ひと通り終わった後でリクエストしてくれます。

それぞれのジャンルの中でも、更にお気に入りのカードを見つけると、指をさしながら言葉をいったり、動作をまねしたり、嬉しそうにしています。覚えた言葉を忘れないように、メモリーチップを使った、あてっこ遊びをしています。

覚えていない単語は、好きな絵本やよく目にするものの中から探して説明して、覚えたと思ったらそのチップを加えて…を繰り返し、爆発的に単語力が伸びました。

あてっこ遊びで出来なかった喃語は、実物を見せて、カードと同じであることを説明すると覚えが早かったです。かな絵ちゃんで聴いたことがある単語が聞こえると、繰り返し言っていて、その後取り組んだときには反応が良くなっていることが多いです。

日常の会話ではあまり使わないような単語でも覚えていたので、驚きました。語彙が増えると、子供も覚えた言葉を使って話したいようで楽しそうに見えますし、意志疎通が楽でとても助かっています。

無限の使い方があるので、子供の個性や成長に合わせて、親の方もかな絵ちゃんを使ってどんな遊びを考えようかという楽しみが増えました。

原田さま/1歳児 お母さま

 初めてでも、すぐに慣れて楽しく取り組んでいます。

本文を見る

私自身、カードを上手くめくれるのかと、はじめは心配しましたが、すぐに慣れ、今は楽しく行っています。私の娘(1歳8か月)も、はじめは集中して見ないこともありましたが、今は取り組みが楽しいようで、カードをめくる間は、じっとカードを見つめています。

木村さま/3歳児 お母さま

 発語が早く、理解力の高さに驚きました!

本文を見る

保育園から帰ってからすぐ、他の事に興味が向いてしまう前に取り組んでいます。発語が早く、2歳のときには周りの人もびっくりするくらいお話を理解していて、会話もすることができました。今の働きかけが将来どんな結果につながるのか、楽しみです。

渡部さま/5歳児 お母さま

 フラッシュカードを見ない時に…

本文を見る

普段はフラッシュカードを楽しみにしているのですが、機嫌があまりよくない時などはカードを見ないことがあります。そんな時はDVDを見せると喜んでみてくれるので、助かっています。

菅野さま/2歳児 お母さま

 取り組みやすいので助かっています。

本文を見る

「今日はどんな取り組みをしよう…」と迷うことがあるのですが、そんなときにパートで分かれているかな絵ちゃんDVDを取り入れると取り組み内容が充実するので、とても助かっています。

江本さま/3歳児 お母さま


商品仕様

  • 対象年齢:0~5歳
  • A5判
  • 絵カード:1,200枚/白紙カード:10枚/DVD1枚:70分
  • <絵カード内訳>名詞1,200語:動物・鳥・虫・巣中の生物・魚・植物・からだ・家族・職業・スポーツ・自然・野菜・果物・デザート・料理・飲み物・調味料(食べ物は写真カードです)・身に付けるもの・遊び・色・形・文房具・乗り物・建物・道路・楽器・家の中・日用品・食器・電気製品・寝具など
  • 商品番号:105575

注意

カードを子供に触らせないようにしましょう。

カードに興味を示す一方で、子供がカードを触りたがる、フラッシュしたがるということもあります。
カードは基本的におもちゃではなく教材なので、子供には触らせないようにしましょう。
どうしても触りたがる場合には、1枚ずつ触らせ、折ったり、汚したりしないように気を付けてください。

続きを見る
TOP